数字は瞬間風速(m/S)を表わし、単位(m/s)は秒速何メーターの風が吹いているいうことを示しています。
数字の周りには方位計があり、Nであれば北からの風が吹いているということです。
したがって、冬はN方向の風が(陸風)多く、波高もそれほど高くなりません。
一方、夏はS方向の風が(海風)多くなり、波高も高くなります。

ライブカメラ

風向風速計

他マリーナの「ライブカメラ&風向風速計」を見る

総合お問い合わせ

【電話受付】
9月~6月(7・8月平日)8:00~17:00
7月~8月(土・日・祝日)7:30~18:00

【休港日】
年中無休